新しい施術法

ボディ

違和感を覚えにくい

ボトックス注射は眼瞼・顔面痙攣などの治療として行われてきた施術で、今では美容整形としても用いられるようになりました。ボツリヌス製剤という筋肉の動きを抑制する薬剤を、筋肉部分に注入することで表情ジワを目立たなくしたり、小顔を作ったりするといった効果を発揮します。元々、眼科、神経内科の治療として行われてきたということもあり、安全性・信頼性は高く副作用が起こるリスクも少ないようです。ただ、リスクが少ない施術といっても治療や美容整形には副作用がつきものですので、どのような副作用が起こり得るのか事前に確認しておくと良いでしょう。顔のシワ取りをボトックス注射で行った場合、顔が引きつる感覚がある、また顔が突っ張るなどの症状が現れることがあります。このような症状はボツリヌス製剤によって表情筋の動きが抑制されたことで起こるもので、しっかりボトックス注射の効果が効いている証拠です。引きつる感覚や突っ張り感は施術後、1週間から2週間程度経つと自然と消えて行くので、さほど心配する副作用ではありません。ボトックス注射を利用する目的として最も多いのが、シワを取るなどのアンチエイジングケアと言われています。従来の施術法は筋肉部分にボツリヌス製剤を注入し、筋肉の動きを弱めることでシワを目立たなくするというのが一般的でした。シワを取る効果には優れている施術法ですが筋肉の動きが抑制されるため、筋肉の動きが不自然といった副作用が起こる危険性があります。できるだけ副作用のリスクを減らして、自然な見た目で若返りたいという場合は新しい施術法「マイクロボトックス」がおすすめです。マイクロボトックスは筋肉ではなく皮膚の浅い層にボツリヌス製剤を、細かく注射する施術法で筋肉の動きを邪魔しません。筋肉の動きはキープしつつ肌にだけボツリヌス製剤が作用するので、自然な形でのアンチエイジングが可能なのです。顔全体の若返りが期待できるマイクロボトックスは、目尻のシワやほうれい線、フェイスラインのたるみなど様々なシワ・たるみに効きます。皮膚の浅い部分に少量のボツリヌス製剤を注入する施術なので、副作用のリスクも少なく安心して受けられる施術法です。